/

陸上競技場の愛称「9.98スタジアム」に 福井県、桐生選手の記録受け

福井県の西川一誠知事は28日の記者会見で、陸上男子短距離の桐生祥秀選手が9月に100メートルで9秒98の日本記録を出した県営陸上競技場(福井市)の愛称を「9.98スタジアム」にする方針を明らかにした。日本人選手で初めて「10秒の壁」を破った記録を伝えるのが狙いだ。

西川知事は「関係者と相談した上で、9.98という記録を記憶として残し、その場所がすばらしい場所として認識されるようにしたい」と話した。愛称を競技場の壁面などに表示することを検討中だ。同競技場は2018年9月の福井国体のメイン会場で、国体開会までに準備を進める考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン