/

この記事は会員限定です

新興国の「開国」続々 貿易の果実求めて

消える「南北の壁」

[有料会員限定]

英国が欧州連合(EU)の離脱を決め、トランプ氏が米大統領に選出された2016年以降、世界で自由貿易への疑念が広がった。「自由貿易を突き詰めれば企業は安い土地と労働力を求め、地球の果てに進出する」。それゆえ先進国の比較的低スキルの職は失われる、との不安がある。

通商白書の反論

一見するとこの主張には説得力があるが、真っ向から反対したのが17年版の通商白書だ。「自由貿易は経済成長のエンジンであり、格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン