M&A3000件超、11年ぶり最多 17年の日本企業

2017/12/28 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年は日本企業の関わったM&A(合併・買収)件数が過去最多となった。06年の2775件を11年ぶりに上回り3000件を超えた。日本企業による海外企業の買収が活発で、小売りや人材派遣など内需型の企業も積極的だ。空前のカネ余りを背景に中堅・中小などにも海外に成長を求める企業が相次いだ。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)の調査によると、27日時点で日本企業が関係するM&Aは3016件で前年より…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]