オバマ氏を「最も尊敬」 米調査、トランプ氏上回る

2017/12/28 8:11
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米世論調査会社ギャラップは27日、米国民が最も尊敬する存命中の男性はオバマ前大統領で、10年連続で首位を維持したと発表した。オバマ氏を尊敬するとの回答は17%。現職のトランプ大統領は14%で2位だった。過去の調査では現職大統領がトップになることが多く、現職が首位を逃したのは政権末期のブッシュ(子)大統領(当時)の2008年以来だった。

トランプ氏を尊敬するとの回答は前年より1ポイント低下。公約実現の停滞やロシアゲート疑惑でトランプ氏の支持率が低迷する半面、退任から1年近くを経過したオバマ氏が依然高い人気を維持していることが明らかになった。

退任後もトップとなったのはベトナム戦争で人気が低迷したジョンソン、ニクソン両政権時のアイゼンハワー元大統領以来という。

女性で最も尊敬されているのは、昨年の大統領選でトランプ氏に敗れたクリントン元国務長官の9%で16年連続トップ。2位はオバマ氏のミシェル夫人が7%を集めた一方、現ファーストレディーのメラニア・トランプ夫人は1%で7位だった。

調査は12月4~11日に全米の成人男女1049人を対象に電話で行われた。ランキングからは親族や友人を尊敬するとの回答は除かれている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]