/

二階氏「世界がうらやむ日中関係に」 曽元副首相と会談

【北京=秋山裕之】自民党の二階俊博幹事長は27日、中国の曽培炎元副首相と会談し「2018年に向け、世界各国がうらやむ日中関係にしたい」と述べた。「大国である中国と追い付こうとする日本の両国が協力し競い合う、良い方向に向かいつつある」とも指摘した。日本側の説明によると曽氏は「中日関係の発展は地域や世界の発展にも重要だ」と応じた。これに先立ち、二階氏は清華大を訪問し、日本の政治家で初めて名誉教授の称号を授与された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン