/

この記事は会員限定です

円安シナリオに落とし穴 米長短金利、来年に逆転も

[有料会員限定]

2018年にも米国の長短金利が逆転する――。市場参加者の間で、こんな見方が浮上している。米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進めて短期金利が上がる一方、運用難から世界の投資マネーが米長期債に流入して長期金利の上昇を抑えるとみるためだ。実現すれば2007年以来、約11年ぶりとなる。円安シナリオの思わぬ落とし穴になるかもしれない。

「平たんな利回り曲線を想定している」。モルガン・スタンレーMUFG証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません