2019年1月22日(火)

商工中金民営化「3~5年後めざす」 有識者検討会

2017/12/27 20:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不正融資問題を起こした商工組合中央金庫(商工中金)のあり方を検討する経済産業省の有識者検討会(座長・川村雄介大和総研副理事長)は「3~5年の改革期間を経たうえで完全民営化の可否を判断する」と提言する方向で調整に入った。不正の温床となった国の制度「危機対応融資」は大幅に縮小する方向だ。公的金融が中小企業向け融資をどこまで担うのかの線引きが課題になる。

有識者検討会は年明けに中間報告書を取りまとめる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報