/

鉄道博物館、正月イベントで人気車両の車内公開

鉄道博物館(さいたま市)は2018年1月に正月イベント「鉄はじめ」を開く。17年に実施した車両人気投票でベスト10に入った車両のうち9車両の車内を公開するほか、新春にちなみ富士山に関する所蔵資料の特別展も実施する。

新年は1月2日から営業する。車両公開は31日までで、9車両を数日間ずつに分けて行う。200系新幹線やC57形式蒸気機関車の運転室など通常は入れない車内を見学できる。20日からの「お宝展」では富士山をあしらったヘッドマークなど珍しい資料を公開する。

6日午後6~8時には「新春ナイトミュージアム」も開催。イルミネーションの中を走るミニ運転列車などが楽しめる。新成人には年齢を確認したうえでオリジナルのトランプを贈呈する。1月はほかに、ビンゴ大会や福袋販売なども予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン