前総領事を懲戒免職 外務省、公費を私的流用

2017/12/27 18:31
保存
共有
印刷
その他

外務省は27日、76万円の公費を私的な目的に流用し、会計書類に虚偽の記載をしたとして、国家公務員法に基づき神山武・前フランクフルト総領事(60)を懲戒免職処分にしたと明らかにした。処分は27日付。

外務省によると、神山氏は2015年8月~17年10月、息子の就職を働き掛ける目的で、公費を使って現地の企業関係者と会食したりプレゼントを贈ったりした。

今年10月、内部通報があり発覚した。外務省は刑事告訴も検討する。

神山氏は1979年入省。駐ポルトガル公使や駐オーストリア公使などを歴任した。外務省は「厳粛に受け止めており、引き続き省内の綱紀粛正に一層努める考えだ」とのコメントを出した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]