/

この記事は会員限定です

不動産登記の早期義務化を

論説委員 谷 隆徳

[有料会員限定]

2016年時点で約410万ヘクタールと九州の面積を超えており、40年には北海道本島に迫る約720万ヘクタールまで増える。これは民間有識者らでつくる「所有者不明土地問題研究会」(増田寛也座長)が公表した、誰のものかよくわからないとされる土地の広さだ。

地籍調査などを通じた推計値だが、空き家の実態をみると所有者が把握できない土地が今後、さらに広がることは容易に想像できる。13年時点で全国に820万戸あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン