/

カメラの温故知新。

by Takanori Nakamura Volume 7

筆者が愛用する温故知新のカメラ。スウェーデンの老舗メーカー、ハッセルブラッドのLunarと、フォクトレンダーのSNAPSHOT-SKOPAR25mmF4。いわゆるミラーレス一眼とクラシック・レンズの組み合わせ。クラシックの設計とレトロな風貌を飄々と装うが、カメラもレンズも中身は日本の最先端の工学技術で武装している

カメラ用の"オールド・レンズ"が世界的なブームになっている。フィルム・カメラのために製造販売されていた古いレンズを、業界用語でオールド・レンズというそうだ。もちろん、これは和製英語である。中古車が old car ではなくて used car というように、英語圏では狙った意味に通じないだろう。

ところが困ったことに、 used lens ではデジカメ用も含め、全ての中古レンズが対象になるから文脈通りではない。むしろ、クラシック・レンズという言い方が、より近い気がする。愛好家が使うオールド・レンズという言葉の中には、クラシックなレンズ設計を珍重する空気を感じるからだ。

文=中村孝則 写真=藤田一浩 スタイリング=石川英治

(8)ミッドナイト・サングラス。>>
<<(6)ライターは、紳士の火付け役。

■デジタル全盛の時代に、フィルム用レンズ人気のなぜ

クラシックな世界であるからこそ、往年のフィルム・カメラのレンズには、相応の歴史もマニアックな味わい方もあるし、銘品と呼ばれるような傑作レンズも生まれた。いわゆる歴史的な銘品のレンズを、マニアたちは"銘玉"と称し、珍重してきたストーリーもある。

ライカであればズミクロンやズミルックス、エルマリートあたりは垂ぜんの的だった。個人的にはカールツァイスのへこみウルトロンなんて、最高の銘玉だと思うのだが……。

デジタル全盛の時代に、なぜフィルム用のレンズが人気なのだろうか?

最大のきっかけのひとつが、マウントアダプターという変換リングをつけることで、ほぼ全てのデジタルカメラに装着可能になったことだ。特にミラーレス一眼との相性がよく、フィルム用レンズを、あえてデジカメに装着することで、写真に新しい表現が加わったのである。

もちろん、純正レンズではないので、ピント合わせのためのマニュアル操作など、手間はかかる。しかし、クラシック・レンズの表現力は、マルチコーティングされた最新レンズにはない、自然な発色やコントラスト、ボケ味の心地よさがある。これもある種の"レトロフューチャー"的な楽しみ方なのだろう。

■陰影を感じ取り、生活を豊かに

最近は、見た目のファッション性の面白さもあって、中古市場でレンズを探し、デジタルカメラに装着する若いファンが世界規模で急増。いわゆるオールド・レンズのブームが到来したというワケだ。そのあおりをうけて、中古レンズ市場も玉不足なのだとか。

ちなみに、変換アダプターはLマウントやMマウントだけでなく、シネマ用8ミリや16ミリのCマウントなどのレンズにも対応できる。もしかしたら、押し入れで寝たままのレンズだって、息を吹き返すに違いない。そこは昔取ったきねづか、かつて愛用したレンズの表現力を、よみがえらせてはいかがだろうか。

それは同時に、デジタル画像や発光ダイオード(LED)照明の刺激でまひした眼力を、鍛え直すチャンスかもしれない。いい意味でも悪い意味でも、現代は光のコントラストが強すぎる。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」ではないが、もともと人間は、ほのかな陰影を感じ取り、生活を豊かにする潜在能力を持っているのだ。

ちなみに、この連載の写真を撮影する藤田一浩さんは、フィルム・カメラしか使わない。デジタルでは出ない光のニュアンスや粒状性を、感じ取って頂いているだろうか?

なかむら・たかのり
 コラムニスト。ファッションからカルチャー、旅や食をテーマに、雑誌やテレビで活躍中。近著に広見護との共著「ザ・シガーライフ」(ヒロミエンタープライズ)など。

[日経回廊 7 2016年5月発行号の記事を再構成]

(8)ミッドナイト・サングラス。>>
<<(6)ライターは、紳士の火付け役。

「DANDY & RHAPSODY」記事一覧

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン