/

この記事は会員限定です

電力・ガスも積極的に

JXTGホールディングス 内田幸雄社長

[有料会員限定]

日本国内の自動車の保有台数は約8100万台で、95%以上はガソリンなどの内燃機関を持つ。発売から20年近くたったハイブリッド車(HV)でさえ、まだ650万台だ。電気自動車(EV)にはバッテリーの性能の問題もあり、さらに技術革新が起きなければ本格的には普及しない。

燃料電池車(FCV)も燃料の水素をどう作るかという問題が残る。水を電気分解する方法はあるが、電気を作る過程で発生する二酸化炭素(CO2)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニッポンの革新力

この10年、日本はノーベル賞の受賞ラッシュだった。しかし、この先も国内が沸き上がるニュースが生まれるとは限らない。技術立国をどう再建するか。企業や大学、研究機関では過去の成功体験にとらわれない取り組みを追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン