2018年11月17日(土)

ポスト平成 官民寄れば文殊の知恵

維新150年
2018/1/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

明治維新後、国づくりの主役は官僚だった。だが形式主義や前例踏襲の慣習が民の活力をそぎ、今では表舞台での存在感が薄くなっている。人口減など社会の急変に直面する「ポスト平成」時代に求められるのは硬直的な官僚像からの脱皮だ。若手官僚の政策提言など変化の兆しは出てきた。民の改革者との協働こそ未来を切り開く。

▼維新キーワード  文官任用令
 律令制を採用した大化の改新の時代から官僚はいた。だが貴族や武士など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

「維新150年」もっと読む

官と民のあり方を考える

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報