2018年1月18日(木)

ワクチンの最新情報公開へ 子宮頸がんで厚労省

社会
2017/12/27 10:09
保存
共有
印刷
その他

 厚生労働省の専門部会は27日までに、子宮頸(けい)がんワクチン接種の安全性や有効性について、最新の情報を年明けからウェブサイトで提供することを決めた。がん予防効果が期待できるが、副作用を訴える人も一定数出ているとの内容。同省は国民に現状の理解を促した上で、勧奨再開の是非を判断したい考え。

 ウェブサイトでは、ワクチン接種によって、10万人当たり595~859人が子宮頸がんにならずにすみ、同144~209人が子宮頸がんによる死亡を防げるとの試算を紹介。

 全身の痛みやしびれなど副作用が疑われる訴えは8月末までに3130人(10万人当たり92人)からあり、9月末までに因果関係が否定できないとして295人(同8.68人)が救済対象になったことも報告する。

 検討会座長の桃井真里子・自治医大名誉教授は「勧奨中止から4年半たち科学的データが集まった。安心して受けてもらうには分かりやすい情報提供が重要」と述べた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報