2019年6月25日(火)

「持続可能な開発」新市場育む 環境や衛生12兆ドルへ

2017/12/27 13:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国連が定めた「SDGs」(持続可能な開発目標)を取り入れる日本企業が増えている。LIXILや損害保険ジャパン日本興亜が独自の事業目標を設定したほか、経団連も行動指針を改定している。SDGsへの取り組み度合いで企業を評価する投資家も増えており、各社は環境・衛生技術を売り込む好機とみている。

SDGsでは2030年までに12兆ドル(約1350兆円)の関連ビジネスが生まれるとの予測もある。SDGsを巡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報