/

この記事は会員限定です

17年のFX投資家 成績改善も関心は仮想通貨へ?

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

2017年は外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)の運用成績がようやく上向いた1年だったようだ。有力FX会社の顧客向け調査で、利益を上げた人の比率は41.6%となり、アベノミクス相場下で最悪だった16年を4.8ポイント上回った。ただ、細かくみると成績改善は限定的。背景には為替変動が小さかったことがありそうだ。このため、相場上昇が目立ったビットコインなどの取引がミセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン