パナソニック、介護子会社に女性社長 新事業創出を急ぐ

2017/12/26 22:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは介護子会社の社長に森本素子副社長(44)を昇格させる。女性幹部が従業員約4000人の子会社を率いるのは異例。介護施設を急拡大する路線を撤回し、収益改善に道筋がついた。介護人材の確保や新規事業の創出などの課題に取り組む。

森本氏は2018年1月1日付で介護子会社のパナソニックエイジフリーの社長に就く。中国子会社やパナソニック本社の経営企画部門を経て、17年6月にパナソニックエイジフリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]