/

この記事は会員限定です

遺伝子改変 効率的に セツロテックが新技術、まず実験用マウス

[有料会員限定]

徳島大学発の独自の遺伝子編集技術を武器に、2月に創業したスタートアップ企業のセツロテック(徳島市)が注目を集めている。遺伝子を組み換えた受精卵の量産で目当ての特徴を持たせたマウスなどの動物をつくりだす技術で、従来の方法より失敗が少なく経済的なのが特徴。まず医療機関などの求めで実験用マウスの提供を始めており、今後は肉用豚の品種改良などに応用範囲を広げることを目指す。

「遺伝子編集を産業化することを目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン