2018年1月19日(金)

1/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」
  2. 2位: 株、近くて遠い2万4000円 午後の下げは外国人か[有料会員限定]
  3. 3位: 仮想通貨、大荒れの一週間 オルト急落で時価総額が一時半減[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 金融株高い、上値は限定
  5. 5位: 日米金利差拡大でも進まぬ円安 米予算の行方懸念で[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,808.06 +44.69
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,800 +30

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

三菱UFJ銀、インドネシア銀買収 邦銀最大7000億円で

金融機関
2017/12/26 22:04
保存
共有
印刷
その他

 三菱東京UFJ銀行は26日、インドネシア大手ダナモン銀行の株式を73.8%以上取得することで、シンガポールの投資ファンドと合意したと発表した。現地当局と外資規制にもとづく認可交渉に入っている。2019年の子会社化が有力で、買収額は7千億円規模に上る見通しだ。邦銀の海外買収の額としては過去最大となる。

ジャカルタのダナモン銀行のATM(2012年6月)=ロイター

ジャカルタのダナモン銀行のATM(2012年6月)=ロイター

 ダナモン銀行の親会社である政府系ファンド、テマセク・ホールディングスと合意した。東南アジア最大の人口を抱えるインドネシアの高い成長を取り込み、アジア戦略を加速する。

 インドネシアでは、外資による出資を制限しており3段階に分ける。まず年内に19.9%を1334億円で取得する。18年半ばには追加で20.1%を取得し、40%まで引き上げる。そのうえで当局の認可取得を条件に、73.8%以上に出資比率を高め、連結子会社にすることを目指す。

 三菱UFJ銀は東南アジアを戦略的な拠点と位置づけており、これまでタイやフィリピン、ベトナムなどの現地銀行を買収したり、出資したりしてきた。かねてインドネシアの現地銀行への出資の機会を探っており、ダナモン銀への出資で攻勢をかける体制が整う。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム