2019年8月20日(火)

スペシャル

フォローする

走れ! 奪え! 大迫世代 ハリルJいざW杯へ

(1/2ページ)
2018/1/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップ(W杯)ロシア大会が6月14日に開幕する。ハリルホジッチ監督率いる日本代表は6大会連続6度目の出場。チームの幹として期待したいのが「2012年ロンドン五輪世代」だ。

サッカーの勝敗に最も大きく関わるのは、両のペナルティーエリアで仕事をする選手だといわれる。ゴールを防ぐGKと、ゴールを決めるセンターフォワード(CF)。そして、いまの日本代表には大迫勇也(27、ケルン)という後者がいる。

鹿島から欧州へ移籍してじきに4年。厳しい競争に耐え、ドイツ1部リーグで先発をつかんだ。「結果が大事な世界。(結果次第で)すべてが覆ってしまう」。一つのゴールで自分の評価も来季の居場所も変わる。その重みを知っている。

「日本で一番ボールが収まるFW」と大迫を評したのは同世代の清武弘嗣(C大阪)だ。かみついてくるDFを背負ってボールを失わず、時にバチンと体を当てて止め、時に力を受け流してスルリと前を向く。

ハリルホジッチ監督のチームに加わったのは16年の秋。遅めの参陣だが、すぐに親善試合で2得点してCF1番手にのし上がる。このチームではまだ4得点、通算でも7得点だが攻守両面での貢献は巨大だ。

格上と当たるW杯で守勢に回ると、CFは前線に取り残される。味方の来援まで大迫がボールを死守すれば、日本は守から攻へと転じられる。まさにチームの命綱。

自分のゴールもあきらめない。所属先のケルンでは仲間の引き立て役に徹することも。だが代表では「そんなに考えることもない。ゴールへ向かう、狙う。単純なこと」。迷いはない。「ゴールに近い選手が狙うことでチームに勢いも出る」

サッカー選手の世代は、よく4年に一度の夏季五輪を開催した都市名とセットで覚えられる。五輪の男子チームが主に23歳以下の選手で構成されるためで、現在27歳の大迫は12年ロンドン五輪の出場資格を有していた「ロンドン世代」に当たる。この世代、おとなしい選手が多いと見られている。

1つ前の五輪を受け持った「北京世代」には本田圭佑(パチューカ)、長友佑都(インテル・ミラノ)など欧州ビッグクラブでのプレー経験のある選手がいる。実績十分の彼らは主張も強い。

1つ後には、16年リオデジャネイロ五輪を戦った「リオ世代」。こちらは浅野拓磨(シュツットガルト)や井手口陽介(G大阪)がエネルギッシュにひるまずピッチを駆けまわり、代表でも存在感を発揮しはじめた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏=共同共同

 サッカー日本代表の新監督に、森保一・U―21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。
 日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇 …続き (2018/7/27)

 現地時間の6月14日夜、開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に6大会連続出場を果たした日本代表はここにきて大きく路線を変更したようだ。本大会2カ月前になって電撃的な監督交代が断行され、 …続き (2018/6/15)

FIFAはクラブW杯を4年に1度とし、出場枠を24チームに増やす見込み(2017年大会で優勝したレアル・マドリード)=ロイターロイター

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に世界のサッカー界が揺れている。発端は国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が打ち出した2つの改革だ。
 まずはクラブW杯の拡大。7クラブで毎年開く大会 …続き (2018/6/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。