/

この記事は会員限定です

製造業の労働生産性、5年で1割減 最低水準に

[有料会員限定]

日本の製造業の労働生産性が1995年以降で過去最低になったことが分かった。労働者1人あたりがどれだけ効率的に働いたかを示す数値で、日本は2015年に9万5063ドルと、5年前より1割減少。経済協力開発機構(OECD)に加盟する主要29カ国中での順位は14位となり、最低だった08年、14年と並んだ。

日本生産性本部の分析で明らかになった。労働生産性は付加価値額を労働者数で割ったもの。日本は2000年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン