/

この記事は会員限定です

格差是正へ所得補償、フィンランドが社会実験

トリレンマの解は

[有料会員限定]

フィンランド西部のユルバ。人口4千人ほどの小さな町だ。首都ヘルシンキからは飛行機で50分。そこから車で45分ほどのところに静かな集落はあった。

「あなたはベーシックインカムの実験の対象に選ばれました」。この町に住むユハ・ヤルビネンさん(39)が2016年12月、政府機関から届いた手紙を読んだときの驚きを語ってくれた。「スーパーハッピーだったよ」

もともとは窓枠の装飾を手掛ける企業を自ら起こしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン