/

この記事は会員限定です

エンゲル係数、上昇頭打ち 食品値下げで心理改善

浮いたお金、スマホに 株高でつきあい費も増加

[有料会員限定]

消費が持ち直している。総務省が26日発表した11月の家計調査によると、2人以上世帯の1世帯あたりの消費支出は物価変動の影響を除いた実質で前年同月比1.7%増えた。雇用改善とともに、食費への負担感が和らいだことも一因だ。食品の値下げで浮いたお金がスマートフォン(スマホ)の通信料などに流れている。26年ぶりの株高も家計の支出を後押ししている。

家計調査の品目分類をみると、家計支出に占める食費の割合を示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン