2018年7月18日(水)

未来面「世界を変えよう。 」

フォローする

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートしました。今期のテーマは「世界を変えよう。」 革新的なアイデアをお寄せください。企業のトップが選んだ優れたアイデアは新聞紙面や日経電子版で紹介します。アイデアの投稿はこちらから。
過去の優れたアイデアはこちら

建築で世界の街をどう変えますか
芳井敬一・大和ハウス工業社長 経営者編第8回(1月9日)

2018/1/9 2:00
保存
共有
印刷
その他

 大和ハウス工業がこれまで手掛けてきたのは衣食住の「住」の部分ですが、時代の変化とともに人々が住まいに求めるものも変わってきました。最初は雨露がしのげればよかったわけですが、次第に個性が重要になり、超高齢社会を迎えた今は「絆」という要素が大切になっています。女性のひとり暮らしも増えており、街づくりの観点からも、安心や安全ということがとても大事になっています。

 もちろんそれだけでは足りません。日本では「四季」の感覚も不可欠です。我々はそうした環境に配慮した住宅を品質と量の両面から安定的に提供する「建築の工業化」を推し進めてきました。東京都世田谷区で開発した高級木造注文住宅プロジェクト「プレミアムグランウッド世田谷・等々力の家」では、屋外だけでなく、家の中にいても四季を感じられるような工夫を施しました。吉野杉など国産材をふんだんに使った住宅というのも大きな特徴です。

 我々が持つ感覚や日本で育まれた建築技術は海外にも十分通用すると思っています。米国や中国、オーストラリアなど海外での事業展開に力を入れており、中国の大連市では延べ床面積が52万平方メートルにも及ぶマンションや商業施設などの複合開発をしています。当社としては2件目の開発ですが、この規模になると、建設というより、街づくりといってよいでしょう。

 街づくりを通して人々の暮らしや経済を豊かにしてきた例は過去にも色々あります。例えば安土・桃山時代の「楽市・楽座」は、税制によって人口を増やし街の活性化に成功した例だといえます。中国にならった飛鳥時代の藤原京は碁盤の目の街に様々な施設を置くことで政治や防災という目的を巧みに実現しました。

 その意味では2020年に開かれる東京五輪も東京の街づくりを促す意味で重要なイベントです。選手村を開発するコンソーシアムに我々も参画していますが、子供たちが将来にわたって使えるレガシーをどう残していくかという視点が重要です。英国は12年のロンドン五輪を通じて街をハイテク都市に変えるなどして、都市ランキングでも順位を上げました。

 では皆さんは建築を通じ日本や世界の街をどう変えていったらよいと思いますか。日本では地方の交通機関の不足や空き家などが大きな社会問題となっています。一方、新興国や途上国では、個性を持った住宅を購入したいという人が増えてくるでしょう。そうした世界の建築ニーズにどう応えていったらいいのか、ぜひ皆さんのアイデアをお聞きできればと思います。たくさんのご応募をお待ちしております。

芳井敬一・ 大和ハウス工業社長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

 古代エジプトのピラミッドに始まり、欧州の大聖堂やアジアの寺院など、歴史的な建築物はその時代の為政者の力を示す象徴でした。また第3代米大統領のトーマス・ジェファーソンはドイツ南部の古都をモデルにワシントンDCを設計、街づくりを通じて新しい国を治めようとしました。建築物は人々が生活や仕事をする場としてだけでなく、その国の文化や伝統を後世に伝えるものだといえます。

 日本でも2020年の東京五輪を控え、将来に向けた東京の街づくりに関心が集まっています。12年のロンドン五輪では治安の悪かった東部にあえて競技場を建設、終了後はハイテク産業を振興する「テックシティ」に衣替えさせました。人口減少が進む日本ではコンパクトシティの建設が叫ばれていますが、そこでも建物をどう造るかが重要なカギとなります。技術や技法にたけた「宮大工」の流れをくむ日本の建築技術は、その意味で世界の街づくりにも貢献できるといえるでしょう。(編集委員 関口和一)

◇   ◇

 未来面は、日本経済新聞社が読者や企業トップの皆さんと課題を議論し、ともに作っていく紙面です。今回の課題は「建築で世界の街をどう変えますか」です。皆さんからの投稿を募集します。1月17日(水)正午が締め切りです。優れたアイデアをトップが選んで、次号1月29日(月)付の日経朝刊未来面や日経電子版の未来面サイトで紹介します。経営者をハッとさせたり、うならせたりしたアイデアの宝箱を開いてみてください。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ連載トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報