/

この記事は会員限定です

国民にしわ寄せも 総務省「格安スマホ会議」の危うさ

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

総務省がスマートフォン(スマホ)の料金に再びメスを入れようとしている。12月25日に「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の初会合を開催。3大携帯電話事業者(キャリア)から回線網を借り受けて、低価格で提供する「格安スマホ」の活性化に乗り出した。

課題として挙げているのは三つ。まず「2年縛り」に代表される契約ルール。次がキャリアのサブブランドや関連会社といった、大手と格安スマホの関係。最後が中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2828文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン