/

北朝鮮、「人工衛星」打ち上げ準備か 韓国紙報道

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国紙の中央日報は26日付で、北朝鮮が近く人工衛星を発射する計画をまとめ、韓国軍と情報当局が集中的に監視する態勢を敷いたと報じた。発射を計画する人工衛星の名称は新型の「光明星5」で、カメラや通信機器を搭載するという。

北朝鮮の朝鮮中央テレビが放映した金正恩朝鮮労働党委員長=共同

韓国軍の合同参謀本部関係者は同日、「現時点で注目すべき特別な兆候はないが、人工衛星打ち上げを偽装した長距離弾道ミサイルの発射など、あらゆる挑発の可能性を米国と協調して集中監視している」と語った。

北朝鮮の労働新聞(電子版)は25日付の論説で「衛星打ち上げは、国連憲章と国際法に完全に合致する合法的権利の行使」と主張し、衛星打ち上げを示唆した。中央日報は、北朝鮮が衛星を搭載せず移動式発射台から打ち上げる案も検討しているという韓国情報当局の見方も伝えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン