2019年9月17日(火)

スペシャル

フォローする

ゴルフ男子ツアー、役者は十分 集客は…
ホールアウト2017(上)

2017/12/26 2:30
保存
共有
印刷
その他

2017年の日本のゴルフツアーは宮里優作が賞金王、鈴木愛が賞金女王にそれぞれ輝き、幕が下りた。男女別にこの1年を振り返り、来季の課題を探る。上編は男子ツアー。人気、集客力ですっかり定着した「女高男低」の閉塞感を打破する秘策は――。

賞金王の宮里優や小平ら役者に不足はない=共同

賞金王の宮里優や小平ら役者に不足はない=共同

17年の賞金王争いは宮里優と小平智、池田勇太ら役者に不足なし。最終戦の日本シリーズJT杯までもつれこんだのにもかかわらず、テレビ平均視聴率は前年の5.4%から3.6%に大幅ダウン。ギャラリー数も1試合あたり2370人も減った。18年の男子ツアーは1試合減り、賞金総額も4年ぶりにマイナス(8693万円減)に転ずる。

「レジェンド」青木功氏が切り札として日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長に就任して2シーズンが過ぎた。が、青木会長は苦渋の表情で「試合数が増えるのでは? と皆さんに期待されたが、1、2年で増えるほど世の中甘くない」。大西久光JGTO副会長も「男子は面白くない、選手は生意気でフレンドリーじゃない、という声を聞く」と思案顔。

手をこまねいているわけではない。苦境打開にツアー選手会長の宮里優らも協力、ファンサービスの一環として今季からトーナメント会場内に写真撮影エリアを設けた。JGTOのホームページでは選手の動画を載せ、インスタグラム(写真共有アプリ)もスタート。SNSを通じたファン層の広がりも狙う。

下部のチャレンジツアーの放映権をインターネットテレビ局のAbemaTVに売却、それを原資に2日間競技が大半の同ツアーで3日間大会を増やす話が進んでいる。また来季のチャレンジ賞金ランク20位までにはレギュラーツアー出場への間口も広げる。「若い選手は試合経験を積むのが大切。チャレンジ重視だ」と大西副会長。

11月に米PGAツアーとの10年間の提携契約を結んだ。米ツアーは欧州ツアーに対抗してアジア戦略に乗り出し、10月には中国、マレーシアに加え、韓国でCJカップ(優勝はJ・トーマス)を初開催した。現状では「具体的な案件はない」(同副会長)そうだが、早ければ19年に国内で日米共催大会が行われる可能性もある。

12月の選手会総会や選手セミナーで米ツアーの広報担当が映像を見せながら講演。選手を企業にたとえ「練習は商品開発」「メディア・ファン対応はマーケティング・広告」として、イメージの大切さを訴えた。選手の意識改革を図り、人気回復への「下準備」は進んでいる。

石川遼が来季は開幕から日本ツアーで戦う意向を示したのはプラス材料だ。石川が優勝争いし2位に入ったカシオワールドのテレビ視聴率は3番目に高く、根強いファンが多い。青木会長も「遼、ありがとう。遼がいることによって活性化すると思う」と期待を込める。

(吉良幸雄)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
畑岡は参戦2年目の米ツアーで目覚ましい飛躍を遂げた=共同共同

 ゴルフ界で、海外を主戦場とする選手が増えている。2019年、米ツアーでは日本人男子初のメジャー制覇を狙う松山英樹(26)が参戦6年目。18年春に米ツアー初優勝を飾った小平智(29)は2季目で真価が問 …続き (1/2)

 あと一歩だった。1日に閉幕した米女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権(イリノイ州)で、首位と9打差の23位から出た畑岡奈紗(19)は8アンダー、64と猛追。朴城炫、柳簫然の韓国勢と通算10 …続き (2018/7/2)

 日本でプレーしながら、海外志向をたびたび口にしてきた。憧れのツアーで小平が好機を呼び込み、栄冠をつかんだ。6打差12位からの大逆転劇。「(米ツアーは)目指していた舞台なので本当にうれしい」。満面に笑 …続き (2018/4/16)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。