電力販売崩れる独占 東電など3社、域内販売は減少

2017/12/25 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電力大手による小売りの地域独占がじわりと崩れてきた。資源エネルギー庁が25日公表した統計によると、東京電力ホールディングス、関西電力、中部電力の大手3社は4~9月、従来の営業地域外での販売を増やす一方、域内では減らした。原発事故の処理資金の確保に追われる東電のなりふり構わぬ販売攻勢や新電力の台頭が電力業界の意識を変えつつある。

統計によると、東電で関東以外の大口顧客向けを担当するテプコカスタマー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]