/

この記事は会員限定です

国債買い、海外勢に存在感 保有比率で国内銀行抜く

[有料会員限定]

海外投資家が日本の債券市場で存在感を増している。日本国債の保有残高は海外勢が初めて国内銀行を超えた。国庫短期証券(TB)の保有比率も過去最高だ。ドルを貸して円を取る取引でドル保有側に利益が出やすい環境が続き、海外勢が交換した円資金で日本国債を買っているためだ。海外勢は短期的な収益確保を目的にする投資が多い。有事などで一斉に資金を引き揚げる可能性があり、相場変動リスクは少しずつたまっている。

国内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン