/

この記事は会員限定です

首都圏の中小、短時間労働に保険適用 人材確保狙い

[有料会員限定]

短時間労働者を厚生年金や健康保険といった社会保険に加入させる動きが首都圏の中小企業で広がり始めた。国の制度改正により、短時間労働者の保険適用対象が拡大し、一定の条件を満たせば保険に入れるようになった。人手不足が続く中で、定年退職後に会社に残ったシニア層や育児ママなど短時間労働を希望する人材の確保につなげる。

厚生年金に加入すれば保険料の半分を会社が負担し、将来の年金が増える。身体に障害を負っても障...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン