「森友・加計」報道で朝日新聞が提訴

2017/12/25 20:00
保存
共有
印刷
その他

学校法人森友学園や加計学園の問題をめぐる報道を「捏造(ねつぞう)」とした著書で名誉を傷つけられたとして、朝日新聞社は25日、文芸評論家の小川栄太郎氏と出版元の飛鳥新社に5千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。

訴状によると、小川氏は著書「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」で、朝日新聞の報道について「虚報」や「捏造」などと記載した。

朝日新聞社は「訂正の求めに応じてもらえず、裁判で誤りを明らかにするしかないと判断した」と説明した。小川氏は「言論人として提訴に大きな衝撃を覚えている。言論には言論で勝負すべきだ」とコメントした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]