2018年10月21日(日)

勝負はこれから

フォローする

投手に転向、プロ目指す 京田に敗れた男の再挑戦
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/12/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

谷沢健一さん(元中日)が率いる千葉・柏のクラブチームに、野手から投手に転向し、プロを目指す選手がいる。「投手から野手」は珍しくないが「野手から投手」はアマチュアでも簡単なことではない。転身を支えるのが「肩は消耗品ではない」という、これまた珍しい理論。異例ずくめの挑戦だ。

伸びしろはまだまだある

野手から投手への転身を目指す浅利

野手から投手への転身を目指す浅利

大胆な変身に挑んでいるのは浅利俊投手(24、常総学院―日大)。大学卒業後、1年のブランクを経て、今年「YBC(谷沢野球コミュニティ)柏」に入団した。YBCは都市対抗出場の実績はないが、クラブチームの強豪として知られる。

2005年に結成されたクラブは、社会に出てからも硬式野球を続けたい、あるいはプロへの夢を追いたいという選手たちの受け皿となってきた。

浅利の武器は183センチ、88キロの体から投げ下ろす140キロ台後半の速球と、カットボール。今年の都市対抗野球の南関東予選では本大会常連のホンダ戦で三振を奪うなど、可能性を示した。

高校、大学時代は主に遊撃を守る内野手だった。大型ショートとして期待されたが、大学時代、壁がたちはだかった。今季、中日に入団し、新人王に輝いた京田陽太。1年あとに入学してきた京田は守備、打撃ともセンス抜群。浅利も2年からベンチ入りを果たしたものの、遊撃の定位置は京田のものとなり、三塁などで少ない出場機会をうかがうのみとなった。

大学卒業後、ふいに浮かんだのが、投手ならまだいけるかもしれないという希望。もともと遊撃で肩は強い。しかも高校、大学で使い減りしていない。もっと上のレベルで野球をするための賭けだった。

悲願の都市対抗出場を目指すYBCの久保田浩司監督はセンターラインの強化のため、遊撃手としての浅利に声をかけたつもりだった。ところが本人はがんとして投手希望を譲らなかった。

大学卒業後1年間“浪人"した。その間、我流で投球練習を重ね、YBCでもついに周囲を根負けさせる形で投手となった。

新米投手だけに粗削りでホンダ戦では2回1/3で1失点。ボークも犯した。それでも「ホンダの打者から三振をとれたのは自信になった」と浅利。投手を始めて日が浅く、伸びしろはまだまだある。

「体全体で投げれば壊れぬ」

ブルペンで投球練習する浅利(中央)とフォームを指導する荻野さん(右端)

ブルペンで投球練習する浅利(中央)とフォームを指導する荻野さん(右端)

その挑戦を支えるのが、アドバイザー的な立場で指導している元ロッテの荻野忠寛さん(35)だ。8年のプロ生活を経て、アマチュア球界に復帰した荻野さんは「肩は消耗品ではない」というユニークな理論で、投手を指導している。

ロッテファンならずとも、荻野さんの現役時代を知る人は「えっ?」と思うかもしれない。故障に悩まされた末に現役を終えたからだ。

2008年には30セーブを挙げ、ファンに強い印象を残した。しかし、その後は故障に苦しんで計4度、右腕にメスを入れている。そんな経歴からすると「肩は使い減りしないもの」という荻野理論には無理があるようにも思える。

荻野さんによると、故障、手術からの復帰を模索するなかで、みえてきたものがあるのだという。

「無理に腕を振ろうとするから故障するのであって、体全体で投げれば肩、肘が壊れることはない」。理にかなった投げ方をしていれば、何球投げようが肩、肘はもつというのだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
2012年11月、日本シリーズを制した巨人・原監督。リーグ優勝7回は巨人では川上、水原に次ぐものだ=共同共同

 巨人は3度目の監督となる原辰徳氏(60)に、来季以降の巻き返しを託すことになった。原氏が前回監督に就いた2006年は堀内恒夫監督のもとで5位に沈んだあとを受けたもの。今季も3位に滑り込んだとはいえ、 …続き (10/16)

岩瀬は9月28日、史上初の1000試合登板を達成した=共同共同

 中日・岩瀬仁紀(43)が日本プロ野球史上初の1000試合登板を置き土産に、ユニホームを脱ぐ。数々の奪三振記録を持つ江夏豊さん(阪神など)も、現役の最後は一番の目標にしていたという記録の持つ意味を考え …続き (10/2)

5日、引退表明の記者会見を終え、試合前に笑顔を見せる新井=共同共同

 勝負どころでの強烈なスイング、何とか塁に出たい、というときの右打ち……。さほどの衰えは感じられず、選手仲間もまだやれると見ていたなかで、広島・新井貴浩(41)は今季限りでの引退を決断した。育ててもら …続き (9/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]