事業承継へ所有と経営を分離 松山油脂がHD設立

2017/12/25 14:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業の後継者不足が深刻化するなか、所有と経営を分離することで事業承継を乗り切る動きが出ている。せっけんメーカーの松山油脂(東京・墨田)は25日、持ち株会社のMMGホールディングス(東京・墨田)を設立。松山油脂の子会社でライフスタイル雑貨店のマークスアンドウェブ(東京・目黒)も今後、持ち株会社の直下に置く計画だ。3社のトップは創業家出身の松山剛己社長が当面兼務するが、5~10年後をめどに事業会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]