/

この記事は会員限定です

ブーケ、料金手ごろに 自宅向けの需要開拓

[有料会員限定]

花といえば記念日や誕生日のプレゼントというイメージが強い。ただ最近は家庭向けに300円台から買えるブーケや1本100円台の花も登場している。歳暮などのギフト需要が減退するなか、販売店が自宅向けの需要を喚起する狙いがある。値下がりで、花のある生活を気軽に楽しめるようになってきた。

1本あたり1割程度安く

日比谷花壇(東京・港)はカジュアルブランド「Hibiya-Kadan Style(ヒビヤカダンスタイル)」の店舗で、2月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン