2019年6月18日(火)

ロシア野党が大規模集会を開催 大統領選「自由選挙」訴え
反体制派指導者、立候補届け出

2017/12/24 19:40 (2017/12/24 22:16更新)
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアの首都モスクワで24日、野党勢力がプーチン政権に公正な選挙を訴える集会を開いた。反体制派指導者のアレクセイ・ナワリニー氏は集会に合わせ、2018年3月の大統領選へ立候補を届け出た。政権は大統領選を前に抗議運動が広がるのを警戒しており、開催を阻む治安部隊との衝突も懸念されていた。

24日、モスクワ中心部で野党活動家の呼びかけに市民らが集会を開いた

「プーチン氏は競争を恐れている」。24日、中心部の広場で集会を呼びかけた野党活動家が訴えると、集まった市民が「権力はここにある」と繰り返し気勢を上げた。参加した大学生のアントンさん(19)は「プーチン政権は長く居座り続けている」と話した。

警察が活動家らを囲み「集会は許可されていない」と解散を要請。一時、緊張した空気に包まれたが、拘束者などは報告されていない。

集会はモスクワ地区議員のイリヤ・ヤシン氏が計画。11年12月に下院選不正疑惑に抗議する反政府デモが広がったのにちなみ「自由選挙の日」と称して集まろうとフェイスブックで呼びかけた。

ナワリニー氏も24日にあわせて大統領選の立候補を届け出た。現在、受理手続き中だが、中央選管は有罪判決を理由に立候補を認めない方針。ナワリニー氏は同日の支持者集会で政権の対応を改めて糾弾し、公正な選挙を行うよう訴えた。計20都市で集会を計画し、立候補が認められない場合は投票棄権も求めた。

集会は開催が危ぶまれていた。市側は治安維持を理由に開催を許可せず、警察当局が参加を控えるように呼びかけていた。ヤシン氏は「政治的な意図はない」と主張したが、11年の反政府デモを"祝日"と位置づけたことから政権の反発は必至とみられていた。ただ、治安部隊による鎮圧や拘束はなく、政権は反発を恐れ、過度な弾圧を避けたもようだ。

大統領選を控え、政権側は反体制派の動きに敏感になっている。ナワリニー氏が3月下旬に呼びかけたデモは80以上の都市に広がり、参加者は全土で数万人規模に膨らんだ。6月のデモでは、ナワリニー氏ら100人超の参加者が拘束された。

反体制派が情報発信に活用するネットの規制も強化している。交流サイト(SNS)などの事業者に顧客情報の保存を義務付け、従わなかったサービスへの接続を遮断した。7月には「仮想プライベートネットワーク(VPN)」の使用を禁じる法律を成立させ、禁止サイトを閲覧する手段を封じた。

とはいえ、過剰なネット規制はかえって反体制派の不満を高めており、情報の拡散を防ぐのも難しい。ナワリニー氏が3月に公開したメドベージェフ首相の汚職疑惑を告発する動画はユーチューブで何度も再生された。今回の集会の呼びかけもSNSで発信され、政権は対応に苦慮している。

プーチン氏は23日に与党「統一ロシア」の党大会に姿を見せ、無所属での大統領選出馬を支持する拍手を受けて続投意欲をみせた。再選は確実視されるが、反体制運動が再び広がれば、次期政権の統治を妨げかねない。14日の記者会見では反体制派について「国を不安定にする」とクギを刺した。大統領選に向けて政権と反体制派の攻防は激しくなりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報