2018年4月22日(日)

メジャーリポート

フォローする

大谷翔平がプロ生活5年間で変えたもの
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2017/12/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

 2014年11月に日米野球が行われたとき、米スポーツ専門局「ESPN」から依頼されて、後にエンゼルスに入団する大谷翔平のインタビューをしたことがある。

 コンクリートの壁に囲まれた、東京ドームの一塁側クラブハウスの手前にある8畳ほどの部屋で大谷を待つ。その間、この程度かなとビデオカメラの高さを調節した。

 しかし、部屋に入ってきた大谷が「よろしくお願いします」と言いながら目の前の椅子に座ったとき、慌てて三脚の高さを上げなければならなかった。

 大谷の場合、何から何までそうして想定を超えていく。

 それからおよそ3年。12月9日にエンゼルスの本拠地、エンゼルスタジアムで大谷の入団発表が行われた。

 球場の外、正面入口前にステージを設置し、ファンにもそれを公開する異例の青空記者会見。壇上には、今回の交渉でゼネラルマネジャー(GM)のビリー・エプラー氏、マイク・ソーシア監督のほか、オーナーのアート・モレノ氏の姿もあった。

 ソーシア監督、エプラーGMの順でスピーチし、続いて大谷がマイクの前に立つと、ファンの声援に少しはにかむ。日本ではなかなか見せなかった無防備な笑みを、カメラマンらは逃さなかった。

 “Hi, my name is Shohei Ohtani!”

 大谷がまず、そう自己紹介すると、ファンが手を打ち鳴らして応じる。

 その後、質疑応答に移り、どう起用するのかを問われたソーシア監督が「二刀流選手としてプレーさせる」と話すと、再びファンの声援が澄みきったカリフォルニアの青い空に響いた。

 隔世の感を禁じ得ない。

 14年9月のこと。当初、日米野球で大リーグ選抜の監督を務める予定だったレンジャーズのロン・ワシントン監督(当時、現ブレーブスコーチ)にインタビューをし、大谷の二刀流の可能性を聞くと「無理だ」とにべもなかった。

 「たとえば、走塁のときに捻挫や肉離れを起こしたらどうする? 接触するケースもあるだろう。そこでケガでもしたらどうする? 打席で、右肩に死球をくらったらどうする? とにかく、両方をやるにはリスクが大きすぎる」

 まるで娘から「IT(情報技術)企業でプログラマーをやっている」と彼氏を紹介されたとき、はなから取り合おうとしない頑固おやじのようでもあった。だが、日米野球が始まってからコーチや選手らに取材すると、それは彼一人ではなかった。

 「興味深い」と話す選手がいないこともなかったが、だいたい、こんな言葉を耳にした。

 「どちらか一つで成功するのも大変なこと」「大リーグは日程が厳しい」「起用法が難しい」

 ところが、あれから3年。12月に入って大谷のポスティングシステムの手続きが始まると、大リーグの各球団は二刀流を前提にこぞって手を挙げた。

 大リーグの球団幹部や代理人が集まる11月のGM会議で、ツインズのサド・レバインGMがこう言っていたのが印象に残る。

 「今どき、どちらかに絞るべきだなんて言っているチームがあるのだろうか」

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

メジャーリポート 一覧

フォローする
大谷は8日のアスレチックス戦で12個の三振を奪い、開幕2連勝とした=APAP

 米大リーグのエンゼルスにはア・リーグ最優秀選手に2度輝いているマイク・トラウトがいて、通算600本塁打以上の主砲アルバート・プホルスがいる。開幕から10試合。そんなチームの顔に、大谷翔平が早くも加わ …続き (4/10)

チーム状態が厳しくても、田中は自分の役割を全うしようと全力を注ぐ=APAP

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大が2018年シーズンをまずは順調にスタートさせている。ここまで2試合に先発して1勝1敗だが、投球内容はいい。好不調の波が激しかった昨季とは違い、持ち前の安定感復活に期 …続き (4/9)

ダルビッシュが加わったカブスは戦力が充実している=APAP

 米大リーグのプレシーズンも大詰めを迎え、開幕が3月29日に迫っている。2018年はどのチームがワールドシリーズを制覇するのか。日本人選手が所属するチームを中心に今季の話題を探り、覇権の行方を占ってい …続き (3/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]