/

この記事は会員限定です

日産、小型トラック欧州生産撤退 排ガス規制強化で

スペインの工場、乗用車の修理部品拠点に

[有料会員限定]

日産自動車は欧州での小型トラックの生産から撤退する。スペイン中部のアビラ工場で2019年にも生産を終え、乗用車の修理部品の生産拠点に転換する。欧州当局が段階的に強化する排ガス規制に適合するには巨額の開発投資が必要になるため、現地生産の継続は難しいと判断した。

アビラ工場はディーゼルエンジンを搭載する小型トラックを年間1万数千台生産し、主に欧州市場向けに供給している。

生産終了後は同工場に乗用車の車体部品など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン