/

住居専用地域で民泊規制 堺市、条例案骨子

堺市は22日、民泊条例案の骨子を発表した。住宅地(住居専用地域)で「家主不在型」は平日の営業を禁止する。近隣住民に対し、民泊施設として使うことを事前説明することも義務付ける。2018年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に先立ち、18年2月の市議会で成立を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン