東海環状道の整備加速 18年度政府予算案

2017/12/22 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が22日に閣議決定した2018年度の予算案では、1.5兆円の財政投融資を活用して東海環状自動車道の整備を加速する方針が盛り込まれた。岐阜から三重に至る「西回り」の大半で開通のスケジュールにめどが立ったことで、今後、中部企業による沿線部への設備投資が進みそうだ。

東海環状道は愛知県の豊田東ジャンクション(JCT)から岐阜県を経て、三重県の新四日市JCTに抜ける環状道路だ。東回り区間76キロメー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]