/

この記事は会員限定です

劣後債ブーム第2幕? 今年の発行総額、過去3番目の水準

[有料会員限定]

社債市場で債務の支払い順位が普通社債よりも低い「劣後債」の発行が活発だ。財務の健全性を保ちたい発行体の企業と、少しでも高い利回りが欲しい投資家のニーズが合致。2017年の発行総額は過去3番目の高水準となる。ただ、従来の主役、金融機関の発行は一巡し、今後は事業会社へ裾野が広がるかが焦点となる。「劣後債ブーム」第2幕の幕は開くか。

「全力で買いにいきたい」。国内運用会社で債券ファンドを手掛けるファンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン