/

この記事は会員限定です

農家とスーパー橋渡し 農業総研、サイトに品種や価格

出荷情報アプリ、消費者向け提供

[有料会員限定]

農産物の直売システムの運営を手掛ける農業総合研究所は、IT(情報技術)を使いスーパーなどの店頭と生産農家をよりスムーズにつなぐサービスを始める。登録農家が独自に価格などを決められる仕組みを土台に、スーパー側が品種や値段などの情報を把握できるネット上のシステムを来春導入。スーパーにとっては店頭づくりに役立ち、農家の収入増が期待できる。手数料を得る農業総研のネットワーク拡大につながりそうだ。

同社は登録農家から農産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン