/

韓国中部で火災、29人死亡 日本人被害情報なし

(更新)

【堤川=共同】韓国中部の忠清北道、堤川市で21日午後3時50分(日本時間同)ごろ、公衆浴場などが入った地上8階、地下1階のビルで火災が発生し、29人が死亡した。消防当局は建物内に逃げ遅れた人がいる可能性があるとみて捜索を続けている。煙を吸うなどした負傷者は少なくとも29人いるが、軽傷という。

在韓日本大使館によると、同日夜までに邦人の被害情報はないという。

消防当局によると、ビルは2~3階がサウナ付き公衆浴場で、死者の大半は2階のサウナにいた人たちとみられる。外壁などの素材が燃えて発生した有毒ガスを吸った人が逃げられなくなり被害が拡大したもよう。21日夜にはほぼ鎮火したが、有毒ガスの影響で内部の捜索は難航した。

消防当局は1階の駐車場に止めてあった車から出火した可能性があるとみている。4~7階はトレーニングジム、8階がレストランという。階下に逃げられなかった約20人の利用客は屋上に避難し、はしご車やヘリコプターで救助された。

文在寅大統領は「人的被害を最小に抑えるために最善を尽くしてほしい」と指示した。堤川では22日に平昌冬季五輪の聖火リレーが予定されていたが、火災を受け大会組織委員会は中止を決めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン