/

この記事は会員限定です

TBM 紙やプラ代替の新素材開発

[有料会員限定]

「世界には雨が降らず樹木がない地域もある。それでも紙は必要だ。どこでもありふれた石灰石を使えれば、世界の資源問題を解決できるかもしれない」と山崎敦義社長は話す。TBMが手掛けるLIMEXとは石灰石の粉末にポリプロピレンなどの樹脂を混ぜ、高温で伸ばした新素材だ。

事実、需要は雨が少ない中東で大きい。3月にはサウジアラビアの国家産業クラスター開発計画庁と覚書(MOU)を締結。現地企業とジョイント・ベン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン