2018年1月18日(木)

ひまわり8号で観測細密に 「2週間気温予報」目指す

環境エネ・素材
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 気象庁は「2週間気温予報」を2019年春以降に開始する計画だ。新たに8日後から12日後までの最高/最低気温の予報を発表する。1週間よりも先の温度の推移が分かるようになる。ファッションや食品などの業界で需要を予測したり、供給を調整したりする際、参考にしてもらうのが狙いだ。実現できた背景には気象衛星「ひまわり8号」の正式運用がある。

■3パターンを公開予定

 予報の対象とする地域は現在の週間天気予報がカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ひまわり8号気象庁

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報