NHK職員が受信料58万円を着服、懲戒免職に

2017/12/21 18:19
保存
共有
印刷
その他

NHKは21日、集金した受信料約58万円を着服したとして、名古屋放送局中央営業センターの男性職員(37)を懲戒免職処分にすると発表した。処分は28日付。職員の上司7人を21日付で出勤停止3日間などの処分とした。

NHKによると、職員は2016年10月~17年12月までの間、愛知県内の滞納者を訪問し、受け取った21件分の受信料約58万円を着服した。受信料を支払った後に請求書が来たことを不審に思った視聴者の相談で発覚した。

職員は着服した金を「借金の返済などにあてた」と説明。全額弁済しているという。NHKは刑事告訴を検討している。

NHKは「深くおわびするとともに、業務管理を徹底する」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]