DeNAと横浜市立大 iPS細胞による難病治療を研究

2017/12/21 17:03
保存
共有
印刷
その他

ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療子会社、DeNAライフサイエンス(東京・渋谷)と横浜市立大学は21日、遺伝子検査とiPS細胞を活用した難病の治療法の研究を始めると発表した。病気に関連する遺伝子を持つ人に血液を提供してもらい、iPS細胞を作製。肝臓の機能を持った小さな組織「ミニ肝臓」を作る。治療薬の開発などに生かす。

第1弾として、飲酒していないのに起こる脂肪肝「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」の検査・治療法を研究する。今後はほかの疾患にも研究対象を広げる。

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービス「マイコード」の利用者のうち、病気のリスクのある人に血液を提供してもらう。横浜市立大学が血液から作ったiPS細胞を使いミニ肝臓を作製する。実際に薬品を投与し反応を検証する。病気が進行しているかどうかを示す目印(バイオマーカー)の発見にも役立てる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]