/

DeNAと横浜市立大 iPS細胞による難病治療を研究

ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療子会社、DeNAライフサイエンス(東京・渋谷)と横浜市立大学は21日、遺伝子検査とiPS細胞を活用した難病の治療法の研究を始めると発表した。病気に関連する遺伝子を持つ人に血液を提供してもらい、iPS細胞を作製。肝臓の機能を持った小さな組織「ミニ肝臓」を作る。治療薬の開発などに生かす。

第1弾として、飲酒していないのに起こる脂肪肝「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」の検査・治療法を研究する。今後はほかの疾患にも研究対象を広げる。

DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービス「マイコード」の利用者のうち、病気のリスクのある人に血液を提供してもらう。横浜市立大学が血液から作ったiPS細胞を使いミニ肝臓を作製する。実際に薬品を投与し反応を検証する。病気が進行しているかどうかを示す目印(バイオマーカー)の発見にも役立てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン