2018年9月26日(水)

9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  4. 4位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
  5. 5位: 東証後場寄り 上げ幅拡大、2万4000円に接近 上海株高も追い風

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

外為・金融FOCUS

フォローする

「物価」と「金融」は矛盾か両立か 日銀、独立20年の悩み
編集委員 清水功哉

(1/2ページ)
2017/12/21 17:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 「今後とも、経済・物価・金融情勢を踏まえ、物価安定の目標に向けたモメンタムを維持するため、必要な政策の調整を行う」。今年最後となる21日の定例記者会見で、黒田東彦総裁はこの言葉をあらためて口にした。金融政策を運営する際に「経済・物価・金融」の3要素に目配りするということだ。このうち「経済」は内外需ともに好調で日銀は自信を深めているが、問題は「物価」と「金融」。両者の安定をともに追求することが徐々…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

21日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

外為・金融FOCUS 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム