アイデンティティと経済行動(1) 規範からの逸脱 人間を不安に
安藤潤 新潟国際情報大学准教授

2017/12/22 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済学に社会学と心理学を組み込んだ複合領域的な研究分野に「アイデンティティ経済学」があります。ノーベル経済学賞受賞者でカリフォルニア大学バークレー校のアカロフ教授とデューク大学のクラントン教授は2000年に発表した論文で、主流派経済学では説明できない人間行動についてアイデンティティを導入することで説明できるようになると主張しました。

アイデンティティとは自己同一性などと訳される社会学の用語で、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]