2018年1月19日(金)

1/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」
  2. 2位: 株、近くて遠い2万4000円 午後の下げは外国人か[有料会員限定]
  3. 3位: 仮想通貨、大荒れの一週間 オルト急落で時価総額が一時半減[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 金融株高い、上値は限定
  5. 5位: 日米金利差拡大でも進まぬ円安 米予算の行方懸念で[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,808.06 +44.69
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,800 +30

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

新生銀、カードローン再編発表 「銀行客になじみ薄く」

金融機関
2017/12/21 14:18
保存
共有
印刷
その他

 新生銀行は21日、来年4月に銀行カードローン「レイク」の新規融資をやめ、同事業を再編すると正式発表した。2011年に無担保カードローン事業を子会社から取得して6年間運営してきたが、競合が激しく銀行の顧客層の利用拡大にはつながらなかった。ノウハウのある貸金業子会社にカードローン事業の軸足を戻す。IT(情報技術)を活用して消費者金融ニーズの強い20~30代の若年層も取り込む新ブランドを立ち上げ、ビジネスモデルの転換を図る。

 「レイクは消費者金融ブランドとして確立されており、銀行客にとってはなじみが薄く抵抗感があった」。工藤英之社長は同日の会見で主力のカードローンブランド「レイク」について「顧客層の拡大という目的は達成できなかった」と述べた。銀行口座を保有する顧客の中でのカードローン利用率は5%未満にとどまったという。レイクの残高は17年9月末時点で前年同期比9%増の2673億円。過剰融資が問題となっている他の銀行カードローンと比べると残高の伸び率は劣る。銀行と消費者金融では顧客層が異なることに対応しきれなかった。

 今後は貸金業子会社「新生フィナンシャル」をカードローン事業の軸とする。新ブランドを主力商品とし、スマートフォン(スマホ)を使った融資や人工知能(AI)による自動化などを視野に入れる。「コスト削減という結果も享受できる」(工藤社長)。ブランド名に「レイク」を入れるかどうかは検討する。

 銀行本体が運営する「新生銀行スマートカードローンプラス」、別の子会社が運営する「ノーローン」は維持し、4月以降は3ブランドで展開する。既存の「レイク」の融資残は新生銀に残す。

 新生銀は無担保カードローンと法人向けの仕組み金融を成長柱に位置づけている。無担保カードローンの実質業務純益に占める割合は20%と大きい。工藤社長は今後も「事業は拡大させる」との認識を示した。見据えるのは海外事業だ。約1年前にはベトナムでも無担保ローン事業を始めた。「我々の事業基盤は海外で応用できる。アジア各国で、買収や出資など検討案件がある」(工藤社長)。規模を拡大させて、グループ全体で事業効率化を狙う。(大島有美子)

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム