2018年11月19日(月)

11/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,166,928億円
  • 東証2部 87,090億円
  • ジャスダック 94,640億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率13.69倍13.77倍
株式益回り7.30%7.25%
配当利回り1.79% 1.86%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

スクランブル

フォローする

覚醒する老舗の逆襲、ハイテク化がカギ握るか
証券部 浜岳彦

2017/12/20 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20日の東京株式市場で、日経平均株価は小幅ながら上昇して取引を終えた。相場を下支えしたのが、コマツなど往年の重厚長大企業だ。共通するのは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)など先端技術を取り込み、構造改革にいかす試みだ。2017年は半導体などハイテク株そのものへの買いが目立ったが、18年にかけてはハイテクを活用する「老舗」にも投資家の関心が強まりそうだ。

「国内投資家など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム